インフルエンザB型2017!頭痛と微熱はインフルエンザB型なの?

インフルエンザB型の季節が2017年もやってきました。

今回は2017年のインフルエンザB型について、頭痛と微熱が出た時はインフルエンザB型なのかどうかについてお伝えします。

ただの微熱や頭痛なのか、それともインフルエンザB型なのか確認しておきましょう。


インフルエンザB型が2017年の流行るのはいつ?


頭痛と微熱の症状について解説する前に、まずはインフルエンザB型が2017年のいつに流行るのかお伝えします。

ニュース番組などでインフルエンザが流行するのが扱われる季節になりましたね。

インフルエンザは11月頃から流行りだし、2017年の春先の2月、3月まで注意が必要なウイルス感染症です。

インフルエンザは流行する時期によってウイルスのタイプが異なります。

前述したように11月頃から流行り出すのはインフルエンザA型です。

2017年の春先に流行するのはインフルエンザB型なんです。

さらに詳しく書くとC型も存在しますが、こちらは感染力が強くありません。

病院でインフルエンザが疑われた場合に検査するのもA型とB型です。



インフルエンザB型に頭痛と微熱の症状はある?


さて、タイトルにも書きましたが頭痛と微熱はインフルエンザB型の症状に該当するのかということですが、結論から言うと該当しません。

微熱や鼻水・鼻詰まり、咳、のどの痛み、頭痛などの症状だけでは一般的に風邪です。

B型を含むインフルエンザの症状は38~40℃の高熱に寒気や振るえ、関節痛に体のダルさ、頭痛といった具合に体のどこか一部分の症状ではなく全身に症状を伴うものです。

頭痛はインフルエンザの症状としてありますが、高熱を呈していないので他の病気が疑われます。

また、ただの風邪であればしっかりと栄養をとって休養を十分にとることで数日で快方にむかいますがインフルエンザはそうではありません。

特に小さな子供であれば、ウイルスによる脳炎を起こしてしまうリスクが、高齢者であれば重度の肺炎になり、最悪命を落としてしまうケースも存在します。

テレビのニュースや新聞の記事に施設入所中だったり病院に入院中の方が亡くなられるのが扱われますよね。

決して軽視してはいけません。

インフルエンザB型に2017年にならないための方法


では、ここまででインフルエンザが怖い感染症だということは改めて分かったと思います。
インフルエンザにならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

インフルエンザにならないためには普段からしっかり手洗いやうがいを行うことが基本です。

ウイルスは感染した人のくしゃみや咳で空気中に撒き散らされたり、それに触れることで感染するので体内にいれないためにうがいや手洗いが必要です。


アルコール消毒も効果がありますが、手洗いをしたあとに消毒を行うことでより予防につながります。

また外出する際にはマスクを着用して出掛けることもおすすめです。
マスクを使用する際はしっかりと口と鼻を覆って顔にフィットするように着用しましょう。

流行する季節になる前にワクチンの予防接種も受けておきましょう。
絶対に感染しないということはいえませんが、感染しても軽症で済ませるための意味も含みます。

以上、インフルエンザB型について、頭痛や微熱は症状になるのかどうかお伝えしました。

インフルエンザB型の対策をしっかり確認して、2017年を楽しくすごしたいですね。